徳島県那賀町の杉一枚板の机

今回、那賀町内の製材企業さんとのコラボ企画で、地元産の銘木をそのまま使用した机を製作しました。

幅は60~80cm、長さは200cmある非常に大きな一枚板に、丸太の足をつけた簡単な構造ですが、木の温かみ、味わい、深みを生かした机に仕上がりました。

precious wood1
作業兼打ち合わせ用として当社の事務所で使用しています

大きな一枚板は迫力があるだけでなく、使用期間の経過によって色味や肌触りが深みを増していきますので、家具としてとても愛着がわきます。

銘木、一枚板などお探しの方は是非ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です