泉林産

『立体の面白さ』

元々木工には興味がなかった泉さん。

それより絵が楽しかった。

しかし、木工をやり始めてから

平面より立体の面白さに気付き木工にのめりこんでいった。

 

『天然のものをつくる』

親父さんの後を継ぎ木工を志した。

木工の道を目指してから

工芸・木工所を見に、数カ月かけて日本全国を回った。

”自分の所の長所は何か”

どこにも負けなかったのは、

天然のものを(天然の木から)作っているということだった。

親父さんは、木を切る所から製材、加工まで全てを行っていた。

このことが”天然もの”を作ることに繋がり、他に負けない長所となっていた。

 

『お客さんの欲しい物を』

これが泉さんのポリシー。

職人さんの中には、

「絶対こうした方がいい」

という頑固な人も多い。

しかし、泉さんは「絶対こうしなきゃいけない」ということは言わない。

お客さんの要望に応え、

なるべくお客さんに寄り添うように商品を作っている。

そのためには、自分がやったことがないことでもチャレンジする。

また、値段以上の価値を提供したい

という想いもある。

無垢で作ったものは修理が可能であり、長く使っていただける。

お客さんの欲しい物を値段以上のクオリティで提供する。

これが泉さんの想いである。

 

【泉さんの作品一覧】

 

 

他の木工職人のストーリーをみる